◇◇ 群馬県 谷川岳ハイキング3 思い出記録 ◇◇
Page 1-1

登山日: 2018/06/22
場 所: 群馬県 谷川岳 1,977m 
メンバー: 単独
コース : 谷川岳ロープウエイ8:35 - 天神平8:55 - 熊穴沢避難小屋(小休止)9:40
 - 天狗の溜まり場10:30 - 肩の小屋(小休止)11:20 - トマの耳11:45
 - オキの耳12:15(昼食タイム) - 肩の小屋13:25 -
 ロープウエイ15:00 - 駐車場着15:30
  約7時間05分コース(昼食タイム・休憩含む)
地 図 : 群馬県 谷川岳ハイキング

 朝の5時ごろ目が覚めて外を見ると青空が広がり絶好のハイキング日和、かねてより
今年も行きたいと思っていた場所「谷川岳」に行こうと決定。・・・この日のために
日頃から周囲の山に行って体調を整えて、膝の不調も克服しての行動である。・・・
高速道路で水上ICに向かう、赤城SAに寄って谷川岳の空模様を確認、新潟方面から
雲がたなびいている様だがおおむね好調、期待できる一日のようだ。

 ロープウエイの駅に到着すると車もパラパラ状態、予想以上に少ない感じを受ける。昨年
の秋に来たときは行列状態だったのに、流れがスムースでいい。
 ロープウエイに乗ると青空に向かって一気に天神平駅まで。

 駅を下りるとなんと素晴らしい眺めが・・何の心配もない青空が広がっている。今回もい
つもと同じようにゆっくりペースでハイキング開始。避難小屋までは気軽なハイキング。

 避難小屋からは本格的な登山コースとなり岩山を一気に登る、似たような急坂が4-5か所
続いていて、この周辺が一番きついかもしれない。ここを過ぎると「天狗の溜まり場」の岩
場に到着する、いつものようにここで小休止、周囲は開けて見晴らしがいい。急坂を登りつ
めるとようやく見晴らしのいい場所に出る。

 遊歩道沿いには花がチラホラと見えるようになってきた、写真を撮りながらが休憩となる、
見渡せば非日常的な視界が広がり残雪もあり涼しそうだが、気温も上がって暑いのなんの・
ようやく肩の小屋までやって来た。

 木道の長ーい階段までくると一安心、階段が終われば山小屋「肩の小屋」に到着する、6-8
名程度が休憩中、私も小休止。ここからは山頂「トマの耳」まで15分程度で到着する。ちょ
うど団体さんがやって来た、周囲が一気ににぎやかになる。団体さんの記念写真が終わるま
待ってから記念撮影を。

 オキの耳に進む途中に足元にはいろいろな花が咲いている、撮影しながら「オキの耳山頂」
まで。

 ハクサンコザクラのピンクがやけに目立って咲いていた、団体ハイカーと時差を作っての
行動、オキの耳では食事中と見えて静になっている。時間を見ると12時を過ぎているので風
の当たらない場所を選びここでゆっくり昼食タイム。

 午後一時を過ぎ、食事も終えて山頂とサヨナラして下山開始。順調にザンゲ岩、避難小屋
と進み天神平駅には15時頃到着し、予定道りの行動ができたのがうれしい。
 駅構内に温泉のチラシがあり「ホテル湯の陣」でロープウエイ利用券を提示すると590円で
入浴できるとあり、汗を流してから我が家に無事19時着。
jquery lightbox tutorialsby VisualLightBox.com v6.1